サプライムローン問題 [素人でも判るサプライム問題]

今話題のサプライムローン問題の入門サイトです。サプライムの用語の意味と、証券業界に与えた影響を解説。

logs

サプライムローン問題

スポンサーサイト

サブプライム問題とは 
サブプライム問題とは何か
詳細はリンクをクリック!
サブプライム後に何が起きているのか
詳細はリンクをクリック!
サブプライムの実相
詳細はリンクをクリック!
サブプライム後に何が起きているのか
詳細はリンクをクリック!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブプライム逆流する世界マネー
詳細はリンクをクリック!
サプライムローン問題

サプライムローン証券化の仕組み

サブプライム問題とは 
サブプライム問題とは何か
詳細はリンクをクリック!
サブプライム後に何が起きているのか
詳細はリンクをクリック!
サブプライムの実相
詳細はリンクをクリック!
サブプライム後に何が起きているのか
詳細はリンクをクリック!

サプライムローンの証券化の仕組みを紹介します。


ローンの証券化と聞くと、ちょっと意味が理解しずらい部分があります。

そこで金融初心者でもわかるよう、簡単な例え話で説明します。


例え話)飲食店を開業したAさんのケース


※今から話す、Aさんが飲食店を開業する話は、
サプライムローンの証券化と同じ仕組みです。


ある日、Aさんは新しい飲食店を開業しようと計画を立てました。


ですが、Aさんには手持ちの資金がありません。

新しい飲食店を開業するためには、1.000万円が必要なのです。

困ったAさんは、資金を人から集めることにしました。


Aさん「今、お金を出資してくれれば、

飲食店で儲けた後に配当をつけて返します。」


Aさんは、飲食店経営の達人で、信頼されていました。

1口100万円の出資話を作ったところ、出資者が10人集まり、

Aさんの手元には、見事、1.000万円が集まりました。


その後、Aさんは飲食店を開業し、大繁盛させました。

Aさんは、約束通り、出資者に配当を渡します。


出資者は、配当50万円(元金合わせて150万円)を受け取りました。


Aさんは自己資金が無くても開業できましたし、

出資者は、配当を受け取って儲かりました。

めでたし。めでたし。


今の話のように、証券化とは出資話を作ることなのです。

「儲かったら配当を渡します」という約束手形。

これが証券です。



サプライムローン証券化も、これと同じ仕組みです。


「サプライムローンは高金利なので儲かります。

出資してくれたら配当を渡します。」

このとき、配当を約束したものを、証券と呼びます。


サプライムローンは、住宅ローンですので、

住宅ローンの契約者から、金利を受け取れます。

ですが、住宅ローンを提供するには、まとまった資金が必要です。


そのため、まとまった資金出資してくれた人を集め、

儲かった後に配当を渡す。


サプライムローン証券化は、こういう仕組みです。
スポンサーサイト
サブプライム逆流する世界マネー
詳細はリンクをクリック!

トラックバックURL

http://matakati.blog123.fc2.com/tb.php/4-8382469b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。